Asahi Business Consulting|朝日ビジネスコンサルティング

朝日ビジネスコンサルティング 福岡・九州を中心にサービスを提供するコンサルティング会社です

Asahi Business Consulting|朝日ビジネスコンサルティング

朝日ビジネスコンサルティング 福岡・九州を中心にサービスを提供するコンサルティング会社です

朝日のように希望に満ちて|社長古川連載コラム
2015年4月1日
2015年度のスタートに際し・・・

さあ、2015年度がスタートします。
消費増税でスタートをした2014年をどのように振り返り、今日からの2015年度に、
どのような展望を描かれているでしょうか?

2014年度は、多くの変化が顕著に現れた年でした。
変化している、していないという差が大きく顕在化した年でもあったと私は振り返って
います。

企業内部の部署間で、企業間で、地域間や国家間においても、変化の幅に大きな差
が現れたように思います。
もちろん、このことは個人の思想や生活スタイルにも現れているようです。

もし、大きな差がつけた側でなく、つけられた側にいるとすると、昨年の差を埋める
にはかなりの努力が必要になってくるのかも知れません。

2014年度のスタートに際し、以下のコメントを私は発信しました。
再掲となりますが・・・

以下、再掲部分です。
↓↓↓
社会課題として多くの人が認識をしてきた、少子化、高齢化、財政赤字、グローバル化
への対応等々、本来、痛みが伴う変革が必要であった部分への日本の対応は、やや
消極的に映っていると海外の友人からの意見を多く頂きます。
そのような意見を聞いていると、もしかしたら私たちは、近い将来に見えている危機に
対する抜本的、根本的な対策を無意識のうちに避けているのではないかと思えます。
そのことが、今、アベノミクスと呼ばれる施策によって経済が順調に回っているかに
見える日本において、ふとした不安を感じる原因ではないのかと思えます。
このことを社内変革や組織変革に置き換えて考えてみると、2014年に取り組むべき
課題が見えてくるのではないでしょうか。
私たちが所属する企業や組織は、抱えている課題に対して抜本的な解決策を考え、
実行しているでしょうか。
なかなか進まない改革にフラストレーションを溜め、痛みを伴う改革から目をそらし、
簡単に結果は出るが抜本的でない改革(一見、改革をしたように見えても長続きしない
改革)を選択してはいないでしょうか。
↑↑↑
以上、再掲部分です。

多くの経営者の方々や企業様と課題解決に取り組ませて頂く中で、上記の記載の差が
大きく現れた年であったとも言えます。

つまり、解くべき課題にしっかりと注力し、うまくいっているように見えている状況に手を
緩めることなく、継続し続ける力。
この差のありなしが、大きな差が生まれたのではないかとすら思えます。

私は言い続けます。
今の状況を作っている現状をしっかりと見つめ、解くべき課題から目をそらすことなく、
継続し続けていきましょう・・・と。

当たり前のことですが、これが、この時代だからこそ求められることなのです。
そして、この先にしか明るい未来はないのです。

2015年度も皆さんにとって、輝ける年になりますように祈念致します。

このページの先頭へ戻る

朝日ビジネスコンサルティング株式会社 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前 2-2-1 福岡センタービル 5F TEL 092-436-4141 FAX 092-436-4143

Copyright © 2005-2017 Asahi Business Consulting Co., Ltd. All rights reserved.