Asahi Business Consulting|朝日ビジネスコンサルティング

朝日ビジネスコンサルティング 福岡・九州を中心にサービスを提供するコンサルティング会社です

Asahi Business Consulting|朝日ビジネスコンサルティング

朝日ビジネスコンサルティング 福岡・九州を中心にサービスを提供するコンサルティング会社です

博多弁専務の奮闘記2-その8

対話で学ぶ経営改善へのABC.2― その8 ―

 社会状況が複雑になると予測もつかない障害が事業運営に突然、降ってかかります。 
そんな不安に備えるひとつの考え方がリスクマネジメントです。 
さて今月の博多弁専務の奮闘は如何に?!

【事業のナマズ役?!】 ~リスクマネジメントで杖選び~

(お昼のTVニュースを見終えて…)
 専務 最近のニュースは、企業倒産や不祥事、災害による取引の困難化と、我が社でも対策を打たないかんことも多いねぇ。なんや不安の種が絶えんたい。
 室長 確かに「転ばぬ先の杖」を突いておきたいのですが、対策を打つにも費用がかかります。本当に必要な杖だけを選ぶ良い方法が無いのですかね?
 専務 そやなぁ、昔から地震を予知するのに鯰(なまず)を飼う、と言うように、事業の危険性を事前に判断する方法はないとかいな?
 コンサル それにはリスクマネジメントという考え方があります。
 専務 う~ん「りすくまねじめんと」ねぇ。ちょっと聞くとなんや物騒やなぁ。
 室長 そう言えば経理でやっている売掛金への引当金計上もリスクマネジメントですよね。
 専務 確かにそやな。でもそれ以外にも、商品の製造責任リスクや従業員の不正リスク。はたまたテロや防犯と一体何から考えていけばいいちゃろか?
 コンサル はい、おっしゃる通りですね。リスクマネジメントでは、リスク分析、リスク評価、そしてリスク戦略の決定の3段階があります。
 室長 というと?
 コンサル まず、リスク分析の第一歩として、何が事業にとってのリスクなのかということを整理することから始めます。
 専務 何があるのかさえ判らんかったら、どうにもこうにもしようがないもんな。
 コンサル はい、そして、次のステップとして、リスクの大きさを、損害が発生した場合の損害規模に、その発生確率を乗じたものとして捉えます。
 専務 つまり、損害規模が大きくても、万が一しか発生確率がなければリスクの大きさは小さいと判断すればいいちゅうわけたい。
 コンサル はい。そして「リスク評価」がリスクマネジメントのミソです。リスクの性質や大きさを評価して、回避、軽減、転嫁、保有というリスク戦略を判断することになります。
 専務 それぞれ、どういう対策なんかいな?
 コンサル リスクが大きく、有効な対策も出来ない場合には、予想されるリスクを避ける為に、その活動自体を行わない「回避」戦略を検討することになります。
 専務 「危うきには近寄らず」ってわけたい。
 コンサル 逆にリスクが小さい場合には、その存在を認識した上でそのまま進める「保有」戦略が有力候補になります。
 室長 つまり、「取り越し苦労」はする必要はないということですね。
 コンサル はい。更には損害規模を小さくしたり発生頻度を下げたりするリスク軽減戦略が検討されることになります。
 専務 火事への備えで言うと前者は消火対策、後者は防火対策になるわけやな。
 コンサル 良い例えですね。これ以外に保険のようにリスクを第三者に転嫁するリスク転嫁戦略も考えられます。
 室長 火災保険そのものですね。(一同うなずく)
 コンサル この様にリスクマネジメントの考え方を取り入れることで、リスクに優先順位を付けて戦略的に適切な対策を打つことが出来るようになります。
 専務 なるほど、正に転ばぬ先の杖選びたい。
 コンサル バーンスタインは「リスクマネジメントとはコントロールできる領域を最大化し、原因と結果の見えない、つまりコントロールできない領域を最小化することにほかならない」と言っています。
 専務 リスクマネジメントで「羹(あつもの)に懲りてナマズを吹く」必要はなくなるたいねぇ
 室長 そ、それを言うなら「羹に懲りて膾(なます)を吹く」でしょう。
 専務 あっはっは~、そうたいな。ところで、最近、人事課長の猫魚(ねこな)君、新しい考課制度を導入してなかなか頑張っとうばい。室長もガンバらなたいねぇ。
 室長 それって、もしかして私の引当て?人材リスクマネジメントってことですか~ぁ?
(青褪める室長でした…)

登場の人物はフィクションです。
参考:ピーター.L.バーンスタイン/著書「リスク 神々への反逆」(日本経済新聞社)

このページの先頭へ戻る

朝日ビジネスコンサルティング株式会社 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前 2-2-1 福岡センタービル 5F TEL 092-436-4141 FAX 092-436-4143

Copyright © 2005-2017 Asahi Business Consulting Co., Ltd. All rights reserved.