Asahi Business Consulting|朝日ビジネスコンサルティング

朝日ビジネスコンサルティング 福岡・九州を中心にサービスを提供するコンサルティング会社です

Asahi Business Consulting|朝日ビジネスコンサルティング

朝日ビジネスコンサルティング 福岡・九州を中心にサービスを提供するコンサルティング会社です

neta.11/家業から企業へ

社訓と家訓

歴史ある会社を訪れると、様々な社訓に巡り合います。古い酒蔵にあるような江戸時代の社訓(家訓)に出合うことはまれですが、創業の歴史が漂う社訓には出合います。

創業者の軌跡

 多くの社訓は、創業者らのたどった経験を永続的な経営活動に結びつけるための教訓として体系化されたものです。有名なところでは、松下電器産業の「産業報国の精神」をはじめとする7つの順奉精神があります。福岡の地場企業では「率先垂範」「協調協働」といったものから、「私は○○会社の代表です。事故を出したらプロの恥と思います」という社訓もあります。私のクライアントでは、毎朝礼で唱和することになっている会社が多いようです。その他、唱和はしていませんが、「商売の発展を期するには、共存共栄の趣旨を守るにあり。出来得る限り得意先に利益を与えよ…」といった経営指針を織り込む社訓(家訓)を持つ会社もあります。

社訓についての調査

 社訓に対する社員の反応はおおむね冷ややかです。これまでの私のクライアント企業に対するヒアリングでも、「時代にあっていない」「単なる言葉の復唱」「無駄」「無意味」という意見を多く聞きました。(財)社会経済生産性本部の「ミッション・社是社訓の活用についての調査」によれば、近年5年で4社に1社が見直しを行っているといいます。見直しの理由としては、語尾の問題や時代への即応性、企業合併などを上げています。62%の会社が社内掲示を行い、49%の会社が印刷物で配布、27%が朝礼で訓示しているという結果も出ています。回収率が14.2%の調査ですが、社是社訓の浸透に真しに取り組む経営者のケーススタディーとしては興味ある結果です。

小商家の家訓

 近世京都の商家の家訓は、家訓の厳守、主人への忠孝、主人への諫言、奉公人仲間の和合、商売の心得、日常生活規範などが先代の教訓をもとに書かれ、のれんを守り「商家」を永続するために制定され厳守されていたそうです。筑後地方のある商家に制定された家訓にも同様の趣旨のものが見られます。
 その中には、経営における過去の損失の経験を、将来におけるリスク管理のケーススタディーとして明文化したものも随所に見られます。量り売りでごまかされないための「心得覚書」や、働き手が飲酒や喫煙によって身を崩すことが多かった当時の世相を反映しての「禁制個条書き」まで書かれています。現代で言う「倫理行動規範」と言ってもよいでしょう。

社訓の見直し

 社訓や社是に対し冷ややかな視線を向ける傾向もあります。しかし、社訓が日本の伝統ある家訓の流れを受けているとすれば、その内容は過去の経営活動を体系的に表したものになるべきでしょう。企業のミッション(使命)を具現化し、ビジョン(目指す姿)を実現するためには、その行動規範や倫理規範となりうる「経験」に裏打ちされた社訓社是は重要です。過去は振り返らない「未来志向の経営者」もいるようですが、実際に永続的な企業活動をとらえた場合、財務データだけではなく自社のマネジメントの軌跡を見ないわけにはいきません。
 社訓の見直しは言葉を時代に合わせるために変更するのではなく、自社の損失の経験をミッションやビジョンの達成に結びつけるための企業経験の編さん作業となるかもしれません。次世代の経営者にバトンタッチするタイミングで見直しをすることは、ひとつのいい機会でしょう。
早稲田大学企業倫理研究所「ミッション・社是社訓の活用についての調査」(財)社会経済生産性本部 平成16年6月/ 赤田光男 「近世京都商家における家訓作成の根本要因」 帝塚山短期大学紀要, 36, 10-23p, 1999/03/01/ 秀村選三編纂 「筑後国田主丸町林田家(手津屋)家訓」九州史料落穂集第11冊 文献出版

このページの先頭へ戻る

朝日ビジネスコンサルティング株式会社 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前 2-2-1 福岡センタービル 5F TEL 092-436-4141 FAX 092-436-4143

Copyright © 2005-2017 Asahi Business Consulting Co., Ltd. All rights reserved.